開館時間:午前9時30分~午後5時(入場受付は午後4時30分まで)

自動車事業創業期

邁進

邁進 - お客様のために安くて良いクルマを

邁進

G1型トラックの誕生

当時の政府からの要請を受け、喜一郎と仲間たちは乗用車の開発を一時中止して急遽トラックの先行生産を決意しました。1934年型フォード・トラックを参考に、1935年3月に設計を開始します。なお製作期間は半年間と定められていたため、エンジンは既に開発済みのA型エンジンを投入、製造が間に合わない部品はフォードやシボレーの補給部品を流用し、同年8月に「G1型」と命名された試作第1号トラックを完成させます。翌9月にA1型試作乗用車とともに、公道走行による総合運行テスト(6日間で1,260キロを走破)に臨みました。
しかし、短期間の開発と製造が災いし、G1型トラックはテスト中に次々と故障が発生、その都度修理を繰り返しながら予定の行程を何とか終了しました。

G1型トラックの誕生

販売体制の構築 – お客様を第一に

販売体制の構築

国産トヨダ大衆車完成記念展覧会

国産トヨダ大衆車完成記念展覧会

ジャスト・イン・タイムの思想による量産体制の準備

ジャスト・イン・タイムの思想による量産体制の準備

▲ページの先頭へ