開館時間:午前9時30分~午後5時(入場受付は午後4時30分まで)

繊維機械館

主要基礎技術

主要基礎技術

この展示コーナーでは、幕末以来の日本の産業を支えてきた主要技術が、どのような背景のもとで成長したのかを紹介しています。幕末から現在までの日本の産業史年表と、産業の基礎となる動力、材料、加工、制御などの技術の歩みを示す展示物が見られます。

動力の変遷

動力の変遷

江戸時代の末期までは、人の力で道具を動かしていました。それが西洋技術の導入によって、道具から機械の時代へと発展。水力から蒸気、そして電気へと移り変わる動力の変遷を、「動力ガラ紡機」「横軸露出型水車タービン」「原動力駆動モータ」などの模型や実物を使って紹介しています。

制御技術の変遷

制御技術の変遷

動きを機械的に制御する機構の移り変わりを紹介しています。江戸時代に発達した「からくり」の技術に始まり、機械制御から電気制御、電子制御へと発展していった制御技術の変遷をたどります。また、「からくり人形」を展示するほか、ジャカード機構について体験もできます。

要素技術の発達

要素技術の発達

制御を構成するさまざまな要素技術は、機械式から電気式、アナログ電子式へと発達し、速度・精度・安定性を加速度的に高めながら工業生産のオートメーション化を推進してきました。1971年のマイクロプロセッサの誕生により、デジタル電子式制御が一般化し、各要素技術はコンピュータ化され、より高速・高精度な制御を実現しています。

制御技術の高度化

制御技術の高度化

コンピュータをはじめとするさまざまな要素技術の発達により、複雑で困難な作業の高速化、機械の小型化がすすみました。ここではロボット制御やICタグなどの技術をもとに、高度な制御技術を紹介しています。

▲ページの先頭へ