開館時間:午前9時30分~午後5時(入場受付は午後4時30分まで)

館案内・マップ

トヨタ創業期試作工場

トヨタ創業期試作工場

トヨタ創業期試作工場
トヨタ創業期試作工場

1933年9月1日、愛知県刈谷の地に自動車部が立ち上がりました。 関東大震災からちょうど10年に当たる日でした。
翌、1934年、板金・組立工場、機械・仕上工場、倉庫、材料試験・研究室で構成される試作工場がこの地に設立されました。

当時フォード社とゼネラルモーターズ(GM)社が、震災後の復興に向け急増した自動車需要に対応し、日本国内で組立生産を始めていました。その数、年間3万台強。市場の9割を海外メーカーの国内組立車や輸入車が占める状況下で、ゼロからのクルマづくりへのチャレンジでした。

「自分たちの手でクルマをつくり、日本に自動車事業を興し、人々の生活を豊かにしたい」

この志のもと、先人たちは、クルマの「走る・曲がる・止まる」機能を満たす鉄の研究から始めました。そして、エンジン試作ではシリンダーブロックの鋳造で不良品の山を築き、ボディパネルは板金手たたきと、試行錯誤の末にA1型試作乗用車、G1型トラックを完成させました。

その後、多くの人たちが力を合わせて開発体制、量産体制、量販体制を整え、自動車部設置から5年後、月産2000台の挙母工場(現 トヨタ自動車(株)本社工場)を立ち上げました。

詳細はこちら
▲ページの先頭へ