開館時間:午前9時30分~午後5時(入場受付は午後4時30分まで)

トヨタヒストリー

喜一郎の年譜

喜一郎の年譜

父佐吉の自動織機開発に協力、さらに紡績機械も開発。その繊維機械事業を基盤に、自動車の大量生産を目指して国産技術の開発に努め、自動車産業の基盤を築いた、豊田喜一郎の足跡をご紹介します。

1894年
  • 静岡県敷知(ふち)郡吉津村山口113番地の2に生まれる
1924年
  • 杼換式自動織機の完成に参画
1929年
  • 英国プラット社へG型自動織機の特許権を譲渡
1931年
  • ハイドラフトリング精紡機完成
  • 4馬力の小型ガソリンエンジンの試作に成功
1934年
  • 試作工場完成、欧米からの機械設備据え付け開始
  • 製鋼所完成
  • A型エンジン第1号完成
1935年
  • A1型乗用車試作第1号完成
  • 臨時株主総会で、倍額増資と自動車製造本格化を決議(増資分の300万円は上海の豊田紡織厰が負担)
  • G1型トラック試作車完成
1936年
  • AA型乗用車(A1型乗用車の量産型)の生産開始
  • 刈谷組立工場(現トヨタ車体刈谷工場)操業開始
  • トヨタマーク決定(製品名をトヨダ号からトヨタ号に改称)
  • GA型トラック生産開始(G1型を改良)
1937年
  • トヨタ自動車工業(株)設立
1938年
  • 拳母工場竣工
  • 拳母工場に流れ作業を導入、ジャスト・イン・タイムの実践開始
  • 拳母工場内に飛行機研究所発足
1939年
  • 芝浦工場開設、蓄電池研究所発足
  • AE型乗用車試作完成(「新日本号」と命名)
1940年
  • 天津工場を分離し、北支自動車工業(株)設立
  • 豊田製鋼(株)設立(現愛知製鋼)
  • (財)豊田理化学研究所設立
1941年
  • 豊田工機(株)設立 (現ジェイテクト)
1942年
  • 上海工場を分離、華中豊田自動車工業(株)設立
  • 航空機部発足
1943年
  • 東海飛行機(株)設立(現アイシン精機)
1945年
  • 刈谷工場を分離独立、トヨタ車体工業(株)設立
1947年
  • SA型小型乗用車の生産開始(トヨタ初の小型乗用車)
1948年
  • 日新通商(株)設立(現豊田通商)
1949年
  • 名古屋ゴム(株)設立(現豊田合成)
  • 日本電装(株)設立(現デンソー)
1950年
  • BX型トラック試作1号車完成(5000km走行試験)
  • トヨタ自動車販売(株)設立
  • 民成紡績(株)設立(現トヨタ紡織)
1951年
  • BX型トラック<4トン積みBM型をモデルチェンジ>、BY型バス生産開始
1952年
  • 初代クラウンの開発開始
  • 喜一郎逝去(従五位勲四等瑞宝章を賜る)
  • AA型乗用車(1936年)

  • G1型トラック(1935年)

▲ページの先頭へ