開館時間 午前9時30分~午後5時(入場受付は午後4時30分)

トヨタヒストリー

佐吉の年譜

佐吉の年譜

日本初の動力織機や自動織機、独創的な環状織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献したトヨタグループの創始者、豊田佐吉の足跡をご紹介します。

1867年
  • 遠江国(とうとうみのくに)敷知郡(ふちのこおり)山口村に生まれる
1890年
  • 東京の内国勧業博覧会を見学
  • 「豊田式木製人力織機」を発明
1894年
  • 「糸繰返機」を発明
1896年
  • 「豊田式汽力織機」を発明
1897年
  • 乙川綿布を設立。動力織機の操業を開始
1899年
  • 井桁(いげた)商会を設立
1901年
  • 「たて糸送り出し装置」を発明
1902年
  • 豊田商会を設立
1904年
  • 「管替式自動織機」を発明
1906年
  • 「環状織機」を発明
1909年
  • 「自動杼換装置」を発明
1910年
  • アメリカ、ヨーロッパを視察
1911年
  • 豊田自働織布工場を設立
1912年
  • 藍綬褒章を受章
1918年
  • 豊田紡織株式会社を設立 (現トヨタ紡織)
1921年
  • 上海に豊田紡織廠を設立
1924年
  • 二度目の藍綬褒章(飾版)を受章
  • 「無停止杼換式豊田自動織機(G型)」発明・完成
1925年
  • 帝国発明協会へ蓄電池の発明懸賞金、百万円を寄付
1926年
  • 株式会社豊田自動織機製作所を設立
  • 帝国発明協会から恩賜記念賞を受賞
1927年
  • 勲三等瑞宝章を受章
  • 名古屋離宮で天皇陛下に単独拝謁
1929年
  • イギリスのプラット社へ自動織機の特許権を譲渡
1930年
  • 10月30日病気のため逝去
  • 従五位に叙せられる
  • 佐吉最初の発明 豊田式木製人力織機(1890年)

  • 環状織機(1906年)

  • 無停止杼換式豊田自動織機[G型自動織機](1924年)

日本の十大発明家に選出

豊田佐吉は、昭和60年(1985年)に特許庁により、日本の十大発明家のひとりに選出され、その功績をたたえられています。
詳しくは、特許庁のページをご参照ください。

特許庁「十大発明家」ページ

▲ページの先頭へ